マックスむらいのwiki経歴プロフィール!現在何してる?横領、結婚、事業まとめ

経営者

現在、石川県の観光特使に就任していて、新事業に乗り出しているマックスむらいさん。

「マックスむらい」さんの経歴やプロフィールを調査してみて、結婚していてお子さんもいるということが判明しました。

今回は「マックスむらい」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

 

・マックスむらいのwiki経歴
・マックスむらいのプロフィール
・マックスむらいの事業は?現在何してる?
・マックスむらいの横領事件とは?
・マックスむらいは結婚してる?
・マックスむらいのwiki経歴プロフィールまとめ

 

マックスむらいのwiki経歴

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

m.salt.daifuku(@saltdaifuku)がシェアした投稿

マックスむらいさんの経歴をご紹介します。

1981年 0歳
石川県鳳珠郡穴水町にて誕生する。

2000年
防衛大学校をわずか3カ月で退校後、ガイアックスに入社する。

2006年
2月 株式会社GT-Agencyを設立。

2008年
10月 宮下泰明と共同でウェブサイトAppBankを立ち上げる。

2010年
福岡ドームの始球式で投球する。

2012年
AppBank株式会社を法人化(代表取締役CEOを2015年3月まで務めた。)

2013年
10月からYouTubeで動画投稿、ニコニコチャンネルで「マックスむらいチャンネル」を始めた。

2014年
初めての著書となる自伝本『マックスむらい、村井智建を語る。』を発売し、シングル「限界突破」でMASTERSIX FOUNDATIONからメジャーデビューする。

2015年
いしかわ観光特使に就任する。

2020年
AppBank株式会社の代表取締役CEOに再び就任した。

マックスむらいさんは、2008年に同じく実業家の宮下泰明さんと合同でAppBankを立ち上げます。

2012年にはAppBankを法人化させ、翌年youtubeやニコニコチャンネルで「マックスむらいチャンネル」を開始させます。

2015年から石川県の観光特使を現在まで続けています。

マックスむらいのプロフィール

 

 

名前 村井智建
読み方 むらいともたけ
生年月日 1981年12月11日
年齢 40歳
出身地 石川県鳳珠郡穴水町
学歴 石川県立七尾高校
身長 165cm
体重 不明
血液型 A型
職業 実業家、youtuber

村井智建(本名)さんは、「マックスむらい」で一躍有名になり、テレビ番組でも目にするようになりました。

現在も石川県の観光特使に就任していています。

マックスむらいの事業は?現在何してる?

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

masato.w(@m_a_t_u7)がシェアした投稿

マックスむらいさんは、iPhoneやiPad等についての情報を掲載した総合サイトを運営するAppBankとの事業を続けています。

現在は、山を整備する様子や山で育てた作物をもとにした特産品の開発などを企画すると発表しています。

また、2020年11月22日に、オンラインショップ「友竹商店」を開設しました。

マックスむらいの横領事件とは?

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

マックスむらい(@themaxmurai)がシェアした投稿

横領事件は、2013年頃からマックスむらいさんが務めていたAppBankで起こりました。

何者かが会社のお金を横領していたというもので、横領された金額は1億4000万円余りに上るといわれました。

AppBankで起こった事件ということもあり、マックスむらい自身にも疑惑の目が向けられました。

しかし実際にAppBankの資金を横領していたのは、元役員でした。

マックスむらいは結婚してる?

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ようつべさん(@arigato069020)がシェアした投稿

マックスむらいさんは、2020年4月に一般女性と結婚されています

お子さんもいらっしゃるようです。

マックスむらいの経歴プロフィールまとめ

今回は「マックスむらい」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

 

・マックスむらいのwiki経歴
・マックスむらいのプロフィール
・マックスむらいの事業は?現在何してる?
・マックスむらいの横領事件とは?
・マックスむらいは結婚してる?
・マックスむらいのwiki経歴プロフィールまとめ

 

いかがだったでしょうか?

マックスむらいさんは、パズドラのゲーム実況者として一世風靡しました。

マックスむらいと聞いて知らないという人はいないのではないでしょうか?

現在は、AppBankの事業を続けながら、山奥で山を整備する様子や山で育てた作物をもとにした特産品の開発などを企画する新事業にも力を入れています。

コメント