アップル創業者!スティーブ・ジョブズはどんな人?心に響く名言3選

アップル創業者!スティーブ・ジョブズはどんな人?心に響く名言3選 経営者

アップル創業者のスティーブジョブズがどんな人だったのか、名言を振り返りながら見ていきましょう。スティーブジョブズは数多くの名言を残しながら、自らの志を信じて革命的なビジネスを展開してきました。2011年に亡くなっていますが、現代でも知らない人はいないほどの人物。スティーブジョブズが生み出してきたデジタル機器は今や、我々の生活になくてはならないものばかりですよね。そんなスティーブジョブズがどんな人だったのか、ご紹介していきます。

スティーブジョブズはどんな人?

それでは、スティーブジョブズがどんな人だったのかプロフィールを見てみましょう。

  • 本名:スティーブン・ポール・ジョブズ
  • 出身地:アメリカ・カリフォルニア州
  • 生年月日:1955年2月24日
  • 没年齢:56歳
  • 身長:188cm
  • 学歴:リード大学
  • 職歴:Apple・NeXT・ピクサーアニメーションスタジオなどの創業者、ウォルトディズニーカンパニー役員

スティーブジョブズの波乱万丈な人生とは

スティーブジョブズは、21歳のときにAppleの前身となる「Appleコンピューター」を設立しました。Appleコンピューターの業績は右肩上がりでしたが、経営の指導者としてやってきたスカリーという人物に権限をすべて奪われ、設立したAppleを去ることになります。のちにAppleに復帰したスティーブジョブズは、現代でも使われている「iPhone」「iPad」などの製品を開発してきたのです。

スティーブジョブズがどんな人か分かる!名言まとめ

スティーブジョブズがどんな人かは、プロフィールだけでなく名言にも表れているでしょう。スティーブジョブズは数多くの名言を残しており、私たちの心に響くものや背中を押してくれるものなど、実にさまざまな形で影響を与える言葉でした。特に有名なスティーブジョブズの名言をご紹介します。スティーブジョブズ亡き後も、彼の名言によりどんな人だったのか分かることでしょう。

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

スティーブジョブズはこの名言を、17歳の頃から毎日自分に問いかけてきたそうです。2003年にがんが見つかり、2011年に56歳という若さで亡くなっているスティーブジョブズ。死を意識したときの行動こそが、自分にとって重要なものであると再認識したと語っていました。常に今日が人生最後の日であると覚悟しながら、1日1日を懸命に生きたスティーブジョブズらしい名言ですね。

他の人々の意見のノイズによって、あなたの内なる声が掻き消されないようにしなさい。

現代は、姿の見えない人物からの誹謗中傷や批判的な意見が簡単に届くようになりましたね。しかし、それらは所詮ノイズであるというスティーブジョブズの名言です。他人の意見に飲み込まれず、自分の志を常に信じて、行動を選択することの大切さを学ぶことができます。便利な時代になったからこそ、溢れ返る情報の海に溺れないようにしたいですね。

最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ。

スティーブジョブズは、何をしないか決めることは何をするか決めることと同じくらい入念に選択すべきだと考えていました。無駄なものや余分なものを除外し、本当に重要なことやものだけを残すことで、必然的に大切なものが残るのですね。自由であることは素晴らしいけれども、ときに選択しきれず路頭に迷うことがあります。何をしないか決めることも、人生を充実させる秘訣なのでしょう。

まとめ

スティーブジョブズがどんな人だったのか、名言とともに振り返ってみました。波乱万丈な人生を送ってきたスティーブジョブズですが、亡くなる直前まで前向きに、革命的で壮絶な経験をしてきていましたね。妥協を許さない男といわれたスティーブジョブズがどんな人だったのか、今我々が慣れ親しんでいるデジタル機器の進化を見ていると分かるような気がしますね。今後も長く語り継がれることでしょう。