光本勇介のwiki経歴プロフィール!評判は?heyとは?現在の事業は?

経営者

テキーラ事件からtwitterで大炎上している光本勇介さん。

「光本勇介」さんの経歴やプロフィールを調査してみて、学生時代、デンマークやイギリスで生活していたということが判明しました。

今回は「光本勇介」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

 

・光本勇介のwiki経歴
・光本勇介のプロフィール
・光本勇介の評判まとめ
・光本勇介の会社heyとは?
・光本勇介は現在何の事業をしてる?
・光本勇介のwiki経歴プロフィールまとめ

 

光本勇介のwiki経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

ARTalk(@artalk_tokyo)がシェアした投稿


光本勇介さんの経歴をご紹介します。
1982年 0歳

神奈川県中郡二宮町にて誕生する。

1992年~2000年

学生時代をデンマーク、イギリスで8年間過ごす。

2004年
青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザージャパン(現ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン)に入社。

2008年
株式会社ブラケット(現hey株式会社)を設立し、代表取締役兼CEOに就任する。

2009年
ソーシャル・カーシェアリング・サービス「CaFoRe」(2012年に事業売却済み)を設立する。

2010年
ソーシャル・カーシェアリング・サービス「CaFoRe」(2012年に事業売却済み)を設立。

2013年
株式会社ブラケット(その後STORES.jp、現hey)をZOZOTOWN運営企業スタートトゥデイへ全株式を売却。光本はスタートトゥデイ社の株式945,000株を株式交換にて取得。
2016年
ZOZOTOWN運営企業スタートトゥデイに対してMBOを実施し、株式会社ブラケットの全株式を再取得。同年、同社代表取締役兼CEOを退任し、取締役会長に就任する。
2018年
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社とコイニー株式会社を傘下に置く形でhey株式会社を設立し、取締役に就任した。
同年11月には合同会社DMM.comに対してMBOを実施し、株式会社バンクの全株式を再取得した。
2019年
著書「実験思考 世の中、すべては実験 」を出版する。
2020年

「CASH」をBuySell Technologiesへ、また同年10月には有料写真SNS「FOLLOW ME」をUUUM株式会社へそれぞれ事業売却。

学生時代を海外で過ごし、青山学院大学卒業後、外資系広告代理店に入社します。

その後、hey株式会社を設立し、代表取締役社長に就任します。

光本勇介のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 貴史(@pepett0113)がシェアした投稿

名前光本勇介
読み方みつもとゆうすけ
生年月日1982年12月10日
年齢39歳
出身地神奈川県中郡二宮町
学歴青山学院大学
身長不明
体重不明
血液型O型
職業実業家、起業家、創業者、テキーラ飲ませ師

光本勇介さんは、2008年にhey株式会社を設立し、代表取締役社長を務めた後、様々な事業を展開しています。

その後様々な事業を転々とし、株式を取得し、2019年に出版した著書でAmazon本ランキングでランクインします。

光本勇介の評判まとめ


光本勇介さんの評判をまとめました。

やはり、テキーラ事件を起こしてから評判はガタ落ちしています。

光本勇介の会社heyとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中田有香(@nakatayukagram)がシェアした投稿

会社heyとは、インターネットビジネスの企画・開発・運営をサービス事業としている会社です。

主にアパレルのネットショップの事業拡大に力を入れています。

光本勇介は現在何の事業をしてる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

canirin_map(@canirin_map)がシェアした投稿

光本勇介さんは、現在何の事業をされているのか調査しました。

しかし、残念ながら現在何の事業をされているのかはわかりませんでした。

情報がわかり次第追記いたします。

光本勇介の経歴プロフィールまとめ

今回は「光本勇介」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

 

・光本勇介のwiki経歴
・光本勇介のプロフィール
・光本勇介の評判まとめ
・光本勇介の会社heyとは?
・光本勇介は現在何の事業をしてる?
・光本勇介のwiki経歴プロフィールまとめ

 

いかがだったでしょうか?

光本勇介さんは、経営者や実業家として成功し、莫大な資産を所持されています。

ラウンジ嬢らにテキーラのボトル1本を15分以内に飲み干せば10万円を払うというチャレンジゲームを考案し、それに参加した一人の女性が亡くなりました。

光本勇介さんは、この事件以降、近況を明らかにしていません。

 

 

コメント