次原悦子のwiki経歴プロフィール!学歴、旦那子供は?大公開!

経営者

2021年11月、サニーサイドアップ取締役の次原悦子さんが、国際PR協会の会長に就任したというニュースが入ってきました。任期は2022年1月から12月。日本女性では初の会長です。

サニーサイドアップはPRやマネジメントを手掛けている会社です。

仕事の性質上「黒子に徹する」ということで、メディアなどの取材もあまり受けていません。また、顔写真には「目玉焼き」の画像をかぶせ、ほとんど表に顔を出していません。が、団体の要職に就くとそうもいかないかもしれませんね。

なぜ目玉焼き?卵焼きを英語で言うとSunny side up。

原悦子さんとはどんな経歴の持ち主なのでしょうか?

「次原悦子」さんの経歴やプロフィールを調査してみて、サニーサイドアップは彼女が高校生の時に母親を手伝って始めた会社だということや、現在は離婚しているということが判明しました。

今回は「次原悦子」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

 

・次原悦子のwiki経歴
・次原悦子のプロフィール
・次原悦子の学歴は?
・次原悦子の旦那は?子供いる?
・次原悦子のwiki経歴プロフィールまとめ

 

次原悦子のwiki経歴

1966年 0歳
東京都で誕生する。

 

1985年 高校生のときに母の会社を手伝って会社を始める
母親、次原悦子さん、次原悦子さんの友人の3人で会社を設立。制服姿で営業に回っていたそうです。父親は某広告会社の役員をしていました。

 

1986年 早稲田大学入学 
もともと母親が中心になって設立した会社ですが、母親が離婚。その後再婚して香港に住むことになりました。

と言うことで、実質友人と二人でこの会社を受け継ぐことになったのです。

父親の教えは「親に頼るな。男に頼るな。自立した女になれ」。

父親は大学に在籍しながら仕事をしているのを彼女を快く思っていなかったようです。当然ですよね。しっかり勉学に励んで欲しいと思いますよね。

後になって次原悦子さんが語っています。

年に一度、正月に広告関連会社が一堂に集まっての新年会がありました。次原悦子さんは会社を背負って名刺を携え参加したのですが、当然知っている人もいなく、どうしてよいか分かりません。

参加者の輪の中に、父親の姿をみつけ「お父さん」と声掛けたのだそうです。誰か知り合いを紹介してもらえるかもしれないという期待もありました。

しかし、父親は知らぬ顔。無視されたそうです。トイレに入って大泣きしたとか。後ですれ違ったときに「親に頼るな」と一言。

そこで気持ちを切り替えて、ハイテンションで周囲の人に名刺を配りまくったそうですよ。

 

1995年 サニーサイドアップが注目を集める。

当時有名になりかけたサッカーの中田英寿さんとマネージメント契約。女性社長である次原悦子さんの名前がクローズアップされました。

彼女は、中田さんがイタリアに移籍する際には現地に飛んで練習環境などをチェックしたそうです。

女性社長に対する偏見や無理解、これを突破するためには株式の上場しかないと考えます。

 

2005年 貧困撲滅を目的とした「ホワイトバンドプロジェクト」を日本国内で展開

 

2007年 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了

 

2008年 JASDAQに新規上場

故マイケルジャクソンが来日する際に要請を受けて来日のコーディネートもしています。

2012年 東京マラソンに参加

 

2016年 米「スティービーアワード」にて金賞受賞

ビジネス界のアカデミー賞とも称される賞です。

同年、カジュアルダイニング「bills」を日本で展開。空前のパンケーキブームとなります。

 

2018年 東証二部に市場変更(9月)12月には東証一部に指定替え

 

2021年 経団連ダイバーシティ推進委員会の委員長に就任

 

2022年 国際PR協会会長に就任 任期は1年間

 

2021年には自分がコロナに感染し、その様子をTwitterで細かく報告しています。

「黒子に徹している」次原悦子さんがTwitterで自分のことを公表した理由は「感染するまでは他人事と思っていたのですが、いざ感染すると欲しい情報になかなかアクセスできなかった」、自分の経験が誰かの役に立てば・・という思いだったそうです。

高校生のころからお母さんの会社を手伝って始めた会社が大きく成長し、今や押しも押されぬ経営者になっていますね。

次原悦子のプロフィール

名前次原悦子
読み方つぎはらえつこ
生年月日1966年11月16日生まれ
年齢55歳
出身地東京都
学歴早稲田大学大学院スポーツ科学研究科終了
身長
体重
血液型
職業サニーサイドアップ取締役社長
著書「踏切に消えたナオ」「2030年を生き抜く会社のSDGs」等

文才もあるんですね。

次原悦子の学歴は?

次原悦子さんは早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を終了しています。数字の上から見ると、41歳で終了したことになります。

どのような経緯であったかは分かりませんでした。

また、高校についても調べてみたのですが、情報がみつかりませんでした。

 

次原悦子の旦那は?子供いる?

次原悦子さんは離婚されています。

離婚するときの条件として、旦那さんのお母さんに子育てをサポートしてもらうため一緒に暮らすという提案をしたそうですよ。現在80代の義母さんとは今も一緒に暮らしておられます。

お子さんは二人おられるようですが、詳細はわかりません。

以前(2010年)出版した「踏切に消えたナオ」の中で養子に迎えていた子供を失ったことを記しておられます。養護施設との関りも深いんですね。

本当に発想がユニーク。それは会社の中でも生かされています。

社員一人ひとりが自分らしく働ける環境を作るという視点からユニークな福利厚生制度を設けています。例を挙げると・・・。

Dear Woman制度:卵子凍結保存補助

パートナーシップ制度:同性婚、事実婚にも結婚休暇

ファミリーホリデー制度:親孝行や家族孝行をしたいときの休暇

シエスタ制度:会社で堂々と居眠りできる

失恋休暇 離婚休暇 等々32の福利厚生制度があるそうです。

極めつけは「オトコドアップ」「オンナドアップ」制度

月初めの全体朝礼でくじ引きをし1名が当選。女性はネイルサロンやエステに通える権利なのですが、男性の場合社長と好きな場所でランチできるというものらしいですね。希望すれば同伴者おOK。「罰ゲーム」なんて声もちらほら・・・とか。

次原悦子のwiki経歴プロフィールまとめ

今回は「次原悦子」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

 

・次原悦子のwiki経歴
・次原悦子のプロフィール
・次原悦子の学歴は?
・次原悦子の旦那は?
・次原悦子のwiki経歴プロフィールまとめ

 

いかがだったでしょうか?

次原悦子さんはちょっと変わった「家族の形」の中で暮らし、会社においてもみんなが楽しく暮らせるアイディアを持っていいる素敵な女性です。

自身の会社でもPRについて次のように語っています。

伝える価値のあるものなら手段は無限大。「人の心を動かすPR」が自分たちにできること。

これからどんな未来を開いていくのか、楽しみですね。

コメント